新着情報

2018.11.12
とっとり介護フェア2018「腰痛予防・失禁予防エクササイズ」を催しました

11月11日は「介護の日」
鳥取県ではとっとり介護フェア2018があやめ池スポーツセンターにて開催されました。
鳥取県民間介護事業者協議会は「腰痛予防・失禁予防エクササイズ」を催しました。

2018.09.26
平成30年度 訪問介護・居宅介護 経営者講座(東部・西部)のご案内

講師:馬袋 秀男 氏
(全国介護事業者協議会 顧問、厚生労働省 社会保障審議会 介護保険部会委員、兵庫県立大学大学院 客員教授)

講座対象者:
①訪問介護若しくは居宅介護支援事業所を経営する経営者
②訪問介護若しくは居宅介護支援事業所において経営に準ずる仕事に携わる者

参加費:1 名 1,000 円


 経営者講座①
「市場の動向を見据えた戦略論・人材論」報酬改定に伴う、介護業界の戦略の変化
日程:平成30年10月17日(水) 10:00~12:00(受付9:30~)
会場:米子コンベンションセンター 第6会議室


 経営者講座②
「市場におけるリスクについて」実際の訴訟データから見えてくるもの
日程:平成30年12月13日(木) 10:00~12:00(受付9:30~)
会場:鳥取県立福祉人材センター2F 第一小研修室


 経営者講座③
「2019年2月の時点での消費税・介護報酬の改定の動向」次の報酬改定に向けて何を決断するのか
日程:平成31年2月15 日(金) 10:00~12:00(受付9:30~)
会場:米子コンベンションセンター 第3会議室


お問い合わせ・申込書はこちら
 

 

2018.09.26
平成30年度 訪問介護・居宅介護 社員講座(東部)のご案内

講師:馬袋 秀男 氏
(全国介護事業者協議会 顧問、厚生労働省 社会保障審議会 介護保険部会委員、兵庫県立大学大学院 客員教授)

講座対象者:
①訪問介護事業所のサービス提供責任者及びその仕事に準ずる者
②居宅介護支援事業所のケアマネージャー

参加費:1 名 1,000 円


 社員講座①
「老計 10 号から考える自立支援」介護支援専門員とサービス提供責任者の連携
日程:平成30年10月16 日(火) 13:30~17:00(受付13:00~)
会場:鳥取県立福祉人材センター2F 学習室


 社員講座②
「アセスメントツールを活用したアセスメント力アップ」良い介護プランは良いアセスメントから
日程:平成30年12月13日(木) 13:30~17:00(受付13:00~)
会場:鳥取県立福祉人材センター2F 第一小研修室


社員講座③
「ドラッカーマネジメントを活用した介護職場におけるマネジメント」働きやすい良い職場は良いマネジメントから
日程:平成31年2月14日(木) 13:30~17:00(受付13:00~)
会場:鳥取県立福祉人材センター2F 学習室


※カリキュラムの都合上、社員講座①②③の連続三講座参加が望ましい

お問い合わせ・申込書はこちら

 

2018.09.26
平成30年度 訪問介護・居宅介護 社員講座(西部)のご案内

講師:馬袋 秀男 氏
(全国介護事業者協議会 顧問、厚生労働省 社会保障審議会 介護保険部会委員、兵庫県立大学大学院 客員教授)

講座対象者:
①訪問介護事業所のサービス提供責任者及びその仕事に準ずる者
②居宅介護支援事業所のケアマネージャー

参加費:1 名 1,000 円


 社員講座①
「老計 10 号から考える自立支援」介護支援専門員とサービス提供責任者の連携
日程:平成30年10月17日(水) 13:30~17:00(受付13:00~)
会場:米子コンベンションセンター 第6会議室


 社員講座②
「アセスメントツールを活用したアセスメント力アップ」良い介護プランは良いアセスメントから
日程:平成30年12月12日(水) 13:30~17:00(受付13:00~)
会場:米子コンベンションセンター 第3会議室


社員講座③
「ドラッカーマネジメントを活用した介護職場におけるマネジメント」働きやすい良い職場は良いマネジメントから
日程:平成31年2月15日(金) 13:30~17:00(受付13:00~)
会場:米子コンベンションセンター 第3会議室


※カリキュラムの都合上、社員講座①②③の連続三講座参加が望ましい

お問い合わせ・申込書はこちら

 

2018.09.20
「部下をやる気にさせる話術ペップトーク」研修会を開催いたしました

「部下をやる気にさせる話術ペップトーク」研修会が9月19日鳥取市、20日米子市で開催されました。
講師の浦上大輔氏のパワフルなトークで、受講者も実際のペープトークの体験をしました。
また、20日西部会場では足立摂子氏もお越しになりました。自己の体験談をお話しいただき、涙される受講者もおられました。
前日の日本海新聞の記事に掲載されたこともあり、記事を見て参加された方もいらっしゃいました。

プライバシーポリシー お問合せ